早漏防止が出来て相手もご満悦!重宝したいタダポックス

ダポキセチンの作用

早漏を治せる薬があれば、あなたは服用しますか??
以外と知られていないのが、成分「ダポキセチン」を使用している早漏防止薬。
この成分が含まれる薬を服用することで、カンタンに早漏を改善することができます。
まずは、成分作用について解説していきます。

【ダポキセチンの作用とは】
男性の射精はある物質のはたらきと神経によって調整されています。
それが「ノルアドレナリン」と「交感神経」。
前者は興奮する時に分泌量が増える神経物質。
後者は、射精の時に優位にはたらく神経となっています。
これが何かしらの要因で、過剰に活発となってしまうと・・・早漏を発症するようになります。
つまり、これらを抑える物質が必要となります。
それが「セロトニン」。
これは、興奮を抑制するいわばストッパーの役割を担っている神経物質の1つ。
からだの中でこの物質が不足することで、他の神経物質や神経が暴走をはじめてしまいます。 ダポキセチンは、このセロトニンの量を増やす作用があります。
少し難しい話ですが、SSRIに分類される成分であり、脳内でセロトニンが再吸収されてしまうのを防ぐことができます。
この作用によって濃度が高まるので、興奮を鎮めることができます。
なので、持続性を高める効果を得ることができ、射精までの時間を約3~4倍にまで高めることが出来ます。

【先発薬と後発薬】
この早漏防止成分を含む薬は「プリリジー」となり、これは病院で処方を受けることができます。
ですが保険は利かないので。1錠は3000円します。
1回飲めば、今後も改善される訳ではないので継続して服用していく必要があり、そうなると負担がかなり大きくなります。
そこで便利なのが、後発薬である「タダポックス」。
これなら200円ほどで1錠を購入できます。
しかもタダポックスには、ED改善の成分"タダラフィル”まで含まれているので、勃起力も向上させてくれます。
低価格で、しかも早漏防止成分に加えて、EDまで改善できるタダポックスはオススメです。